私たちの活動案内

私たちは介助犬の役割を伝え、その使用者を始めとして障がいがある方も暮らしやすい地域をつくります。

そのために3つの事業を展開してます。

1.バリアフリーマップ作成事業

本ページのマップは暮らしやすい地域づくりの一環として作成したものです。

マップ作成するにあたってJR野崎駅周辺の店舗に取材を行いマップ掲載の許可をいただいたり、その取材データを基に表を作成しデータ処理を行いました。

2.介助犬のひろば開催事業

「介助犬のひろば」という市民向けの啓発イベントを2013年より開催しています。

イベントを通して介助犬を知ってもらう、介助犬を実際に見てもらう、介助犬と触れ合ってもらうことで介助犬の理解を深めていただくという活動です。

3.介助犬体験教室開催事業

大阪府大東市内の公立小学3年生を対象に、身体障害者補助犬を学ぶ機会を提供しています。2014年に4校からスタートし、2016年より全12校が参加する形となりました。

これらの活動を通じて、介助犬の理解を深めていただくだけでなく障がいを持った方が暮らしやすい地域づくりにつながればと考えています。

注 2020年はコロナウィルス(COVID-19)感染拡大の影響で介助犬のひろばと体験教室は実施いたしません